SQIジャパンのその後

営業を再開してからのSQIジャパンの評価などについて

行政処分から復活後、営業再開している現在のSQIジャパンについて、投資家からはどのような評価を受けているのか気になりますよね。業務内容だけでなく、会社のイメージや口コミ評価は改善できているのでしょうか。

営業再開した現在、投資家からの評価はどう?

口コミを確認している男性SQIジャパンの現在の口コミ評価について探っていきます。
行政処分の影響はまだ残っているのでしょうか。

行政処分に関係した悪い評価が見られる

お客様の声行政処分を受けた後に営業を再開したSQIジャパンの口コミには、行政処分のイメージがまだ残っていることもあって、悪い内容のものがよく見られます。
その中には、行政処分の前から不満を抱いていた人がそれを受けたことを知って、便乗しているかのように見えるものもあります。
例えば、自分はこの会社のことが前から信用できないと思っていたといったように、行政処分がなければ書き込まれなかったであろう口コミも少なくありません。

ここで肝心なのは、そういった評価は営業再開前のSQIジャパンに関するものであることです。
したがって、問題点を改善した後の姿を正しく反映したものではないことには注意が必要だと言えます。

また、悪い評価の中には会社の活動を離れて、代表である秋山伸之氏への個人攻撃になっているものまで存在しています。
そういった評価の多くは感情的に書かれているものなので、参考にはならない場合が多いと言えるでしょう。

行政処分のイメージを払いきるのは難しい

スマホの口コミ行政処分を受けた会社だというイメージは、問題点がいかに改善されようともなかなか拭いきることは難しいでしょう。
そのため今後も口コミサイトなどに悪い評価が寄せられ続ける可能性はあります。

確かに、SQIジャパンに行政処分を受ける要因があったことは事実です。
しかし、投資家にとって本当に重要なのは現在の会社が行っている活動や、利用している投資家に対する姿勢がどのようなものなのかです。
行政処分に影響を受けて書かれたような、低い評価の信憑性にはやや疑問があると言えます。

満足している投資家は少なくない

投資家のイメージ行政処分に関係のない内容の評価に目を向けると、必ずしも悪い内容のものばかりではないことが分かります。
確かに、提供された情報を頼りに株を購入したのに損をしてしまったといったように、現在のSQIジャパンの活動に不満を持っている投資家もいることは事実です。
ただ、どこの投資顧問会社の情報を元に行ったとしても、株式投資は成功することもあれば失敗することもあるものです。
したがって、SQIジャパンを利用したからと言って、全ての投資家が成功できるわけではないことは当たり前だと言えます。

不満の声とは反対に、SQIジャパンのおかげで儲けさせてもらったといったように、その情報に対して満足しているという評価も良く見られます。
行政処分を一つのきっかけにして色々な点が改善されたことも手伝ってか、サービスの品質やスタッフの対応の良さに大きな満足感を得ているという評価がいくつも寄せられています。
そういったように、営業再開後のSQIジャパンに対して十分に満足している投資家は決して少なくないのです。

関連トピックス